お受験用のスーツに合わせるアクセサリー選びのポイント!-濃紺お受験スーツの人気お勧めランキングはコチラです!

お受験用のスーツに合わせるアクセサリー選びのポイント!

お受験の時には、やはりTPОにあった服装をするということが求められます。

基本的にお子様が主役であり、保護者の方はあくまでも控えめでというスタンスで臨まなければなりません。

お受験スーツという紺色のスーツに合わせるアクセサリーは、選び方のポイントもあります。


まず、華美なもの、目立つアクセサリーは控えた方が良いでしょう。

主役はあくまでもお子さんです。

目立ってしまうというのは逆効果になってしまいますし、ネックレスに関しては着けるのであれば細めのプラチナチェーンの小さ目の一粒ダイヤ、または一粒パールに少しデザインが加わったもの、このあたりまでです。

華美なゴールドのものはやめましょう。

また冠婚葬祭で使われているような一連パールにしてしまいますと、フォーマルな印象になり、入学式や卒業式の時にはスーツに合わせて使われていますが、お受験の時にはあまり向きません。

同時に、コサージュやブローチなど飾り物もつけないようにしましょう。


指輪などのアクセサリーに関しても、着けるのであれば結婚指輪のみというのが理想的です。

普段結婚指輪と重ね付けをしているダイヤの指輪があるという場合も、お受験用スーツを着ていくという場合には、外していった方が良いでしょう。

きらびやかなものは、確かに綺麗に見せることはできるのですが、TPОに合わせていくということが大事です。


髪の毛が長い方に関しては、お受験スーツに合わせるのであれば黒のバレッタというのが定番のアクセサリーとしてよく使われています。控えめなリボンのデザインのものですと、上品な印象になります。

もちろん面接官というのは、母親のおしゃれがどうかといったことは見ていないのですが、そこで目立ってしまうというのは、逆にマイナスポイントとなってしまうことがありますので、ヘアアクセアリーなども気を付けて選ぶようにしましょう。

しかし、黒のゴムでまとめるだけという事ですと、トータル的にスーツとのバランスもあまりよくありませんので、女性らしさも出したいということで、黒のゴムだけではなく、バレッタを使った方がコーディネートとしては良いかも知れません。


アクセサリーに関しては、シンプルで目立たないものを付けるという事もありますが、結婚指輪以外は着けないという選択肢もあります。

アクセサリーを付ける目的をたどっていきますと、そこには自分を飾る、綺麗に見せるということにたどり着きます。

それが子供の主役になるお受験には必要ないという考えもあるためです。

その選択肢はその方次第ということになりますし、考えて付けていきましょう。


お受験のスーツの話に戻りますと、定番はワンピースにボレロやジャケットのコーディネートです。

さらにカラーは、濃紺が主流です。

手持ちのブラックフォーマルスーツで着まわそうと思っても、周りはママ達は濃紺の人が多いので、受験校によったら浮いてしまうかも知れません。

また、スカートというのも定番で、丈も膝ぐらいのものを選びましょう。

パンツススーツはお受験の時には使われないことが多いのですが、決してNGというわけではありません。

よりベターなのがスカートということです。

面接のときには、待ち時間が長くなることもありますので、座りシワがつかないような生地を選ぶと安心です。

ウール系のものはおすすめですが、最近のポリエステルの生地は良くできているので、敢えてウールにこだわる必要もありません。

また、最近では通販などでも手軽に購入することができるようになっていますが、濃紺のお受験スーツは、高級感というのも見た目でわかりやすいということもありますので、あまり安いものを選んでしまいますと、チープな感じの印象になってしまうこともあります。

お受験シーズンは意外と何度も着る機会がありますので、1着きちんとしたものを用意することをおすすめします。