面接用お受験スーツの選び方-濃紺お受験スーツの人気お勧めランキングはコチラです!

面接用お受験スーツの選び方

今回は、面接に最も適した最強の「濃紺お受験スーツ」をご紹介しましたが、私はもっといろんなところから選びたい……

そんな方もいらっしゃると思います。

面接用お受験スーツの選び方は、どのような基準で選ぶと良いのでしょうか?


■色は?

お手持ちの中で、黒のスーツをお持ちの方は、ほとんどいらっしゃると思います。

でも、なんで受験スーツは黒のスーツじゃダメなの?

そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、黒は喪の色でもあるので避けた方が無難……というのが昨今の考え方になってきているんですね。

世間一般的にこの考えがだんだん浸透してきました。

そして、面接において合否を決定するのは、あくまで学校側であります。

面接担当の先生の考え方次第……ということになります。

その先生の考え方がわかるといいのですが、現実はなかなか難しいですよね。

そうなると、誰もが認めているお受験スーツの色である“紺”がよろしいのではないでしょうか。


■パンツスタイルってどうなの?

私はスタイリッシュに見えるパンツスーツがいい!

……そうおお考えの方もいらっしゃると思います。

これも、あくまで一般論を言うと、フォーマルの場ではスカートやワンピースが正式な装いとされています。

面接の担当先生が年配の方であった場合、特にこの考え方は強いようです。

「パンツスーツはカジュアルすぎる……」

そういう印象を持たれてしまう可能性があるということです。

面接の場では、プラスを加えていくというより、マイナスを付けていくということが多いですね。

就職の場の面接であったら、なにかアピールすることも可能でしょうが、特幼稚園や学校の面接の場合、そういったことは稀です。

それを考えると、マイナス要素は出来るだけ省きたいものです。


■ウール混がいいの?

面接の場において、あなたが着ているお受験スーツがウール混なのかどうかなんて判断していません。

ファッション業界の人ではないので、素材がどうこうという判断がつかないのです。

昔はウールはシワになりにくく、ポリエステルはシワになりやすく光沢が出やすいという欠点がありました。

最近のお洋服は、素材の進化により、ポリエステルなどの化学繊維とウールとでは、一元では見分けがつかないようになっています。

ましてや、アパレル関係の人でさえ見分けがつかず、糸くずをライターで臭いを嗅いで判断してるくらいです。

要は、シワになっていないきちんとしたお受験スーツであれば良いわけです。


■髪型は?

お受験スーツ着用の際は、髪型にも気をつけましょう。

気をつけるといっても、華美にならないような気遣いが感じられればOKです。

パーマがかかっているならきちんとまとめて。

カラーがあまりにも明るすぎるなら、少し深い色にしておきましょう。

好印象より、悪い印象を与えないということが肝心ですよ。